FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リオの男」

もうすぐ11月も終わり、師走。
クリスマスや年越しなど、1年の終わりに向けて
忙しさ増す時期がやってきますね。

さてさて、今回紹介する作品は、
そんな季節の移り変わりとは一切関係ない
アクションコメディ映画です。フランス男が恋人と秘宝を
追って次々と乗り物に乗り、やがてブラジル・リオへ。

ということで、
フィリップ・ド・ブロカ監督作品、
ジャン=ポール・ベルモンド主演の映画、
「リオの男」を紹介します。





タイトルはリオですが、主人公は実はブザンゾンの男(笑)

ベルモンドはゴダールの「勝手にしやがれ」によって知られることになった、
ヌーヴェルヴァーグを代表する俳優のひとりですが、本作のヒットによって
アクションスターとしても開花したのだとか。。。




<あらすじ>

仏・ブザンゾンで航空兵として働くアドリアンは、婚約者アニエスを訪ねて首都パリへ。
その頃、美術館からブラジルの古代文明の小像が盗まれる事件が起きる。小像は
考古学者のカタラン教授、アニエスの父親であるヴィレルモーザ教授、
実業家のカストロがブラジルから持ってきた3体セットのうちの1体であった。
持ち主だったカタラン教授は何者かに誘拐され、ヴィレルモーザ教授の娘である
アニエスもさらわれてしまう。アドリアンはアニエスを救うため誘拐犯を追い、
やがてブラジルのリオデジャネイロへ…。


続きを読む

スポンサーサイト

「仮面ライダーJ」

仕事の忙殺され、前回の投稿から間隔が空いてしまいましたが、
「真」「ZO」に続いて紹介するのはこの作品、

仮面ライダーJ




監督は「ZO」に続いて雨森慶太、音楽は川村栄二。
ほか製作スタッフも「ZO」を担当した方が多く参加。
(なんでも当初は「ZO」の続編を考えていたそうな…?)

そして脚本を手がけるのは、上原正三!!!
「帰ってきたウルトラマン」などのウルトラマンシリーズ、
「がんばれロボコン」「秘密戦隊ゴレンジャー」などの
石ノ森作品、スーパー戦隊シリーズ、「宇宙刑事ギャバン」から
はじまる宇宙刑事シリーズなどなど・・・。

70〜80年代の特撮ヒーロー番組でその名は見ないほど、
本当に色々な作品を手がけられた脚本家です。



キャストは、
主人公・瀬川耕司をゲキ…じゃなくて、望月祐多
ヒロイン加那ちゃんを元祖チャイドル野村佑香、
敵怪人の人間体を神威杏次、万里洋子、栗原敬、
ナレーションと地空人の声を飯塚昭三(めずらしく悪役ではない!)


さてさて、仮面ライダーというと
バイクに乗って怪人と対峙したりするわけですが、
この作品に登場するライダーの見どころは何といっても、
仮面ライダーが巨大化すること!!!


なぜ仮面ライダーがデッカくなるのか!?
ということであらすじに…。



<あらすじ>

環境破壊を調査するカメラマン・瀬川耕司と、取材中に出会った少女・加那の
前にあらわれた謎の3人の男女、彼らはかつて恐竜を絶滅させ、そして今度は
人類含め地球の全生命を絶滅させようと企むフォッグマザー配下の怪人達であった。
フォッグマザーの生け贄に選ばれた加那は耕司の前でさらわれ、それを救おうとした
彼は怪人によって谷底へ落とされてしまう。絶命した耕司であったが、
フォッグマザーの存在を憂いた地空人の改造蘇生手術を得て、
精霊の力=Jパワーの戦士・仮面ライダーJとして蘇る。
耕司は加那を救い、フォッグマザーの野望を阻止出来るのか…。












続きを読む

「仮面ライダーZO」

こんばんわ、管理人のヤブサキユウです。
前回の「真 仮面ライダー」に引き続き、
今宵もライダー作品を紹介したいと思います。

今回紹介する作品は「仮面ライダーZO」です。



さっそくあらすじへ。


<あらすじ>
ある森でひとりの青年が目覚めた、彼の名前は麻生勝。
遺伝子工学の権威・望月博士の助手であった彼は、
研究の狂気に取り憑かれた博士によってバッタの遺伝子を
組み込む改造手術を施されていた。謎の声によって眠りから覚めた勝は、
博士の一人息子・宏を守るべく行動を開始する。
宏は、望月博士が開発した怪物"ネオ生命体・ドラス"に狙われていた。
究極の生物として自我に目覚め、暴走したドラスは、より完成された
生物となるべく、博士の博士の息子・宏を誘拐することで博士に
手術を迫ることをもくろんでいたのだ。宏の前に迫り来るドラス。
そのとき現れたのは、勝のもうひとつの姿、仮面ライダーZOであった…。




続きを読む

「真・仮面ライダー 序章」

自分にとっての仮面ライダーといえば「クウガ」な管理人です。
んなわけでオダギリジョーの活躍がわりと気になってたり、
あと一条さんとか他のキャストの方々は何されてるんだろ〜な、とか。

さてさて、
ついに28作目を迎えた仮面ライダーシリーズ。
新作はゲーム要素を取り入れた作品らしいが、まったくノーチェック。


って、なんで映画ブログなのに仮面ライダーの話が出てくるのか…。
なぜかYouTubeで「愛が止まらない」を聞いて久々にZOを見たくなったからに
ほかならないからです(笑)


てこと、そんな仮面ライダーシリーズの中から、ビデオオリジナル・劇場オリジナルと
なった作品「真」「ZO」「J」を連続で紹介したいと思います。




まず最初に取り上げる作品は
真・仮面ライダー 序章

仮面ライダーシリーズ20周年記念作品として製作された
ビデオオリジナルの作品で、「仮面ライダーブラックRX」から約3年ぶりの
ライダーシリーズでもあります。

それまでのライダーシリーズが「ライダー対悪の組織」という
勧善懲悪の図式だったのに対して、本作では改造手術を受けた人間の
悲劇に重点を置かれているのが特徴です。



<あらすじ>

バイクレーサーだった風祭真(かざまつりしん)は、
臨床免疫工学の権威である父・大門の研究を手伝うために、
大門が研究を行う「財団」で被験体となっていた。
だがいつからか彼は、自分が連続殺人を行なう夢を見るようになる。
その頃、実際に世間では女性ばかりを狙う殺人事件が多発していた。
自分が見た悪夢と事件とには何か関係があるのではないか。
疑問に思った彼はある夜、父・大門と同じく研究に関わっている
鬼塚のあとを追う。そこで彼が目にしたのは…。

続きを読む

プロフィール

ヤブサキユウ

Author:ヤブサキユウ
テレビの仕事で忙しくて更新不定期ですが、のんびりと映画について語っていけたらと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
     
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。