FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヘイトフル・エイト」

2月に入り、ちょっとずつ外も暖かくなってきてますね。
さてさて映画界ではもうすぐアメリカ・アカデミー賞。

今回紹介する作品は、昨年のアカデミー賞において
作曲賞(エンニオ・モリコーネ)に輝いた作品、
クエンティン・タランティーノ第8回監督作、
「ヘイトフル・エイト」を紹介します。



雪山にある小さな山小屋で繰り広げられる密室劇。
出演に サミュエル・L・ジャクソン、 カート・ラッセル、
ジェニファー・ジェイソン・リー、 ウォルトン・ゴギンズ、
デミアン・ビチル、 ティム・ロス、マイケル・マドセン、
ブルース・ダーン、チャニング・テイタムと名優ぞろい。
(そしてキャストのほとんどがタランティーノ組常連!)


本作の製作前に脚本流出騒動があり、タランティーノは製作を一度は断念したが、
流失した脚本を使った朗読劇の反響を経て製作に踏み切ったという。

70ミリ・ウルトラパナビジョンによる映像(とくにオープニングの美しさ)は圧巻!!
脚本の妙、役者の演技力、カメラワーク、美術、
そしてモリコーネによるスコア…。そのどれもが素晴らしい作品です。


<あらすじ>

南北戦争終結から数年後のアメリカ・ワイオミング州。
レッドロックの町へ賞金首の遺体を運ぶ途中に雪で立ち往生を受けた、
元北軍少佐で賞金稼ぎのマーキス・ウォーレンは、通りかかった駅馬車を止める。
駅馬車は1万ドルの賞金首デイジー・ドメルグをレッドロックの町へ連行する
途上にあった同じく賞金稼ぎのジョン・ルースの貸し切り。ルースの許しを経て
ウォーレンも駅馬車に乗る。そこへさらに、ウォーレンと同じにように駅馬車への同乗を
求める者が姿を現す。男の名はクリス・マニックス、レッドロックの新保安官と名乗る
謎の男をあらたに乗せ、一行は雪嵐を避けるべく山小屋「ミニーの紳士服飾店」へ向かう。
そこに店主の姿はなく、店主から店を任されたというメキシコ人・ボブ、
巡回執行人オズワルド・モブレー、母に会うため帰省するというジョー・ケージ、
元南軍将校サンディ・スミサーズと、素性の知れぬなぞの人物ばかり。
賞金首であるデイジー・ドメルグは、この山小屋の中に自分の仲間がおり、
自分を助ける為にジョン・ルースの命を狙っていると話す。
誰がデイジーの仲間なのか? 雪嵐で閉じられた山小屋の中、疑心暗鬼が木霊する…。


続きを読む

スポンサーサイト

「八仙飯店之人肉饅頭」

10月になり、秋も真っ只中。
秋と言えば、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋とさまざま。
今回は「食」をテーマにある作品を紹介したいと思います。
その名も「八仙飯店之人肉饅頭」



1993年香港公開。
日本ではつい最近になってようやく劇場公開となった映画。
(ビデオじたいは出回っていましたが…)

…名前からしてヤバそうなタイトルですが、
正直ヤバイ内容の映画です。とにかく主演のアンソニー・ウォンがヤバイ。
なにがいったいヤバイのか…? ともかくあらすじに入ります。


<あらすじ>

ある日、マカオの砂浜で謎の切断死体が発見される。
やがて警察の捜査は、八仙飯店という飲食店へと行き着く。
八仙飯店の店主はウォン・チーハンと名乗る男。
実はこのお店を以前経営していた一家はなぞの失踪を遂げており、
獄中の経営者・弟から捜索願が出されていた。
警察はウォンが経営者一家の失踪にかかわっているのではないかと
捜査をつづける。やがてウォンはマカオから逃亡をはかり、警察に逮捕。
警察による拷問のすえに、ウォンは恐るべき真実を告白する。


続きを読む

プロフィール

ヤブサキユウ

Author:ヤブサキユウ
テレビの仕事で忙しくて更新不定期ですが、のんびりと映画について語っていけたらと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
     
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。