FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大統領と小さな孫」

仕事場へ行って知ったけど、今日は敬老の日だったんですね。。。
社会の為につくしてきた老人を敬愛し、その長寿を祝う日が
敬老の日だそうな。

それと関係あるような〜、ないような〜、
ある老人とその孫についての物語についてレビューしたいと思います。

タイトルは「独裁者と小さな孫」です。



2014年に公開された映画で、監督はモフセン・マフマルバフ。
主人公である大統領をミシャ・ゴミアシュヴィリ、
その孫を演ずるのがダチ・オルヴェラシュヴィリ。

ダチくんは5歳で、本作が映画デビュー。
愛くるしい表情がとにかく切ない男の子です。


<あらすじ>

舞台はとある独裁国家。
民衆暴動によって大統領が築いた独裁政権は瞬く間に崩壊。
亡命する後妻や娘から一緒に亡命を勧められるも、大統領は
遊び友達のマリヤと離れるのを嫌がった孫息子とともに
首都へ戻ろうとする。だがその途中、大統領とその孫を乗せた
車は暴徒に襲われる。首都はすでに陥落していたのだ。
急ぎ空港へと引き返すも、頼りにしていたはずの元帥に裏切られ、
護衛が銃で撃たれ死んでしまう。車もやがて燃料付き、運転手も
逃げてしまう。大統領は逃げ込んだ理髪店の店主から服を奪い取ると、
旅芸人に姿を変えて、孫と逃避行をはじめるのだった…。


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ヤブサキユウ

Author:ヤブサキユウ
テレビの仕事で忙しくて更新不定期ですが、のんびりと映画について語っていけたらと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
     
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。